電話代行をすれば従業員も助かる|最新の便利なサービス

人脈情報を社内で共有

会社員

名刺からデータベース化

ビジネスの世界でも情報のデジタル化が謳われて久しい近年ですが、どうしても残るアナログ情報があります。その代表的なものとして名刺情報がありますが、この情報をデジタル化するツールsansanが評判を呼んでいます。sansanは企業向けの名刺情報管理サービスです。社員各自が持っている名刺を専用端末でスキャンして、名刺情報をデジタル情報としてデータベース化できるので評判を集めています。sansanが選ばれている理由は、大きく分けると次の3点になります。一つ目は名刺情報の取り込みが非常に簡単な点、二つ目は社員各自の名刺情報から人脈情報を構築できる点、三つ目は構築した人脈情報を見える化して社内で共有できる点です。sansanの仕組みを以下に説明します。名刺をスキャンする際は、機械による自動読み取りと人によるマニュアル読み取りの二通りを用いることで、ほぼ100%の精度で名刺情報を読み取ることができます。取り込んだ情報は即座にデータベースに追加され、同じ企業や組織のグループ化、コンタクトを取った人の情報など、あらゆる情報が共有化されて他の社員からアクセスが可能になります。また、sansanの情報はSFAやCRMに紐付けすることができるのも評判の良い点です。名刺データを検索することで、営業データまで取得することができます。企業がsansanを利用することで、情報の個人化を防ぐことができるのも評判の良い点です。急に社員が抜けた場合などでも、仕事の引き継ぎがスムーズになるメリットがあります。